プレスリリース
2019.05.16
TAKAMI BRIDALとアニヴェルセルが共同開発  アニヴェルセルオリジナルドレスコレクション「Arêve (アレーヴ)」第三弾を発表 コレクション初のマーメイドドレスも登場

海外挙式や国内挙式、ウエディングドレスなど上質な結婚式をプロデュースする総合ブライダル企業のTAKAMI BRIDAL(高見株式会社 本社:京都市下京区、代表 高見重光)は、全国でゲストハウスウエディングを中心に、様々な記念日プロデュース事業を展開しているアニヴェルセル株式会社(代表取締役社長:平井 雅丈)とコラボレーションしたアニヴェルセルオリジナルドレスコレクション「Arêve (アレーヴ)」の第三弾を、2019年6月よりレンタル開始いたします。

 

毎回ご好評をいただいているArêveですが、今回もTAKAMI BRIDALのスタイリストとアニヴェルセルのプランナーによる「アニヴェルセルの花嫁様のためだけのドレスを」という強い想いで、アニヴェルセルオリジナルドレスコレクションの製作をいたしました。この度発表するArêve第三弾はコレクション初のマーメイドラインのドレスを含めたウエディングドレス4型です。

 

アニヴェルセル各店(一部除く)にてお取り扱いいたします。詳しくは各ドレスサロンに直接お問い合わせくださいませ。

 

 

アニヴェルセルオリジナルドレスコレクション Arêve(アレーヴ)

アニヴェルセルで挙式をされる花嫁様のためだけにつくられたドレスコレクション。「Arêve」には、「アニヴェルセルのお客様、そしてスタッフの“夢(rêve)“が詰まったドレス」という意味が込められています。