プレスリリース
2019.08.01
Motif Wedding Planning & Event Design がリブランディング サービスロゴ・サービスサイトを刷新

 

TAKAMI BRIDALの、結婚式をはじめさまざまなイベントをトータルプロデュースする「Motif Wedding Planning & Event Design(モチーフ ウエディングプランニング アンド イベントデザイン 以後、Motif )」は、 201981日(木)、リブランディングを実施し、サービスロゴ及びサービスサイトを刷新いたしました。

 

新たなブランドロゴは、「Motif(モチーフ)」の「M」と「O」を基調とし、「縁」を繋ぐという意味を込めた円形をローマ字の「O」に重ね合わせ、ウエディングを象徴する「結婚指輪」を連想させるデザインヘと変更しております。

 

これまでMotifは、カスタマーの想いをもとに最高のデザインとホスピタリティでプロデュースすべく、クチュールウエディング(オーダーメイドウエディング)のパイオニア・Robyn I’aea(ロビン・アイア)(1)のノウハウを受け継いだコーディネーターが、国内外のウエディングやビジネス、レセプションなど、様々なシーンにおけるイベントをご提案してまいりました。

 

国内ウエディングにおいては、直営5教会の運営に加え、コスチューム・ヘアメイク・料理・フワラー・フォト&ムービー等の事業資産を活かしたウエディングプロデュース、また会場の運営受託事業を展開しております。

 

また、海外ウエディングにおいては、グループ会社のハワイの直営会場・提携店舗に加え、バリの高級6つ星ホテル「ザ・ムリア、ムリア リゾート & ヴィラスヌサドゥア、バリ」や、沖縄の「オキナワ マリオット リゾート & スパ」の挙式プランを販売しております。

 

さらに、国内外ともにオートクチュールウエディングやビジネスイベント、神社仏閣を含むユニークベニューでの MICE & パーティなど、目的に合わせた最適な場所でのイベントのプロデュースを展開してまいりました。

 

今回のリブランディングにより、ウエディングはさらにパートナー会場やサービスの拡充を、そして多数のニーズを頂いているMICEではケータリングなどイベント・パーティのプロデュースの強化を進めるべく、サービスサイトも刷新いたしましたmotif-event.com )

 

今後、人と人・地域と人の交流から新たな価値を生むMICE & パーティ事業のさらなる拡大、及びMICEビジネスによる地域貢献を視野に入れた事業展開を広げると共に、ウエディングを中心とした事業資産を活かし、ホテルや神社仏閣・結婚式場・イベントスペース等のパートナー企業として、それぞれが抱える事業課題を解決し価値向上に貢献できるように、共存共栄の運営受託事業の確立・拡大を目指します。

 

1 Robyn I’aea ロビン・アイア
世界で初めてデスティネーションウエディングを取り扱った専門誌“PacificWeddings”の編集長兼CEO
デスティネーションウエディングのパイオニアとして世界各国のウエディングスタイルを創り上げてきた。また、フォーシーズンズリゾート等のデザインコンサルタントやブランド構築、マーケティングに携わる。